発表プログラム

  日時 カテゴリー 区分 タイトル 発表者(所属)
口頭セッション1
24日 土曜日
16:00〜17:00
16:00〜16:15 LS Oa ライフセービング専門用語の習得に関する一考察―ライフセーバー育成への応用の観点から― 立川和美・稲垣裕美・小粥智浩(流通経済大学)、小峯力(中央大学)
16:15〜16::30 LS Oa ライフセービングチームの成長を目指すアドベンチャープログラムの効果について 村井伸二(玉川大学 TAPセンター)、島田貴史(成城学園高等学校 ライフセービング部顧問)
16:30〜16:45 LS Ob 三宅島海水浴場監視活動の実践報告 杉林 正晟・高野 修(東京海洋大学大学院)
16:45〜17:00 LS Ob 三宅島海水浴場監視活動における来場者の推移と傾向 高野修(筑波大学)、小泉和史(日本体育大学)、 千足耕一(東京海洋大学)
   
口頭セッション2
24日 土曜日
17:05〜17:50
17:05~17:20 海スポ・バイメカ Oa 水上スキー競技ジャンプ種目における助走局面に関するバイオメカニクス的研究 高見裕大・藤井範久・大津卓也(筑波大学大学院)
17:20~17:35 海スポ Oa 初心者・初級者のスノーケリングレスキューにおけるキック方法の検討 小泉和史(日本体育大学)、高野修(筑波大学)、千足耕一(東京海洋大学)
17:35~17:50 海スポ Oa スクーバダイビングにおける専門志向化と主観的幸福感の関係性:レジャー満足度を媒介変数として 松本秀夫(東海大学)、佐藤晋太郎(モントクレア州立大学)、千足耕一(東京海洋大学学術研究院)
   
   
口頭セッション3
25日 日曜日
8:45〜9:45
8:45~9:00 教育・
ヨット
Ob 北米におけるセーリング教育に関する調査報告 久保田秀明(創価大学)
9:00~9:15 教育・
ヨット
Ob セイルトレーニングにおける協同性及び対人関係性に関する研究 河本幸太・千足耕一(東京海洋大学大学院)
9:15~9:30 教育・
ヨット
Oa 帆船を用いた企業研修が参加者に与える影響について 渕 真輝・上野ゆずき・藤本昌志・廣野康平・小西 宗(神戸大学)、太子のぞみ(大阪大学)、小原朋尚(グローバル人材育成推進機構)
9:30~9::45 教育・
ヨット
Oa 帆船の訓練効果に関する研究-機船実習との比較- 國枝 佳明(東京海洋大学)、中村 直哉(海技教育機構)、村井 康二(神戸大学)
   
口頭セッション4
25日 日曜日
9:50〜10:35
9:50~10:05 教育 Oa 学校の給食から海に興味を持たせる研究 鉄 多加志・合志 明倫(東海大学)
10:05~10:20 海スポ Ob ライスペーパーを利用した海洋クラフト製作の研究 合志 明倫・鉄 多加志(東海大学)
10:20~10:35 海スポ Ob タヒチにおけるアウトリガーカヌーの社会的位置付け 小林俊(一般社団法人湘南アウトリガーカヌー協会)
   
口頭セッション5
25日 日曜日
10:40〜11:55
10:40〜10:55 生理 Ob 船舶動揺病下の動脈収縮に関する実船上計測の試み 藤本浩一(東京海洋大学)、保坂由紀((独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構)、菊地俊紀(日本大学)、佐野裕司(東京海洋大学)
10:55〜11:10 生理 Oa 冷水浸漬における日本人の直腸温低下率の予測式 山内武巳(石巻専修大学人間学部)
11:10〜11:25 生理 Oa 息こらえ方法と主観的眠気軽減の持続性との関係 髙寄正樹・菊地俊紀・新井健一(日本大学生産工学部)、白石 聖(帝京大学)、行田直人(帝京科学大学)、藤本浩一・佐野裕司(東京海洋大学)
11:25~11:40 生理 Oa 立位での「背そらし・背伸ばし体操」が船舶職員のPOMS及び愁訴へ及ぼす影響 菊地俊紀(日本大学)、行田直人(帝京科学大学)、佐野裕司(東京海洋大学)
11:40〜11:55 生理 Oa 船舶関連従業者における頚・肩・腰部の筋の圧痛検査の結果について 行田直人(帝京科学大学)、白石 聖(帝京大学)、菊地俊紀(日本大学)、佐野裕司(東京海洋大学)
   
口頭セッション6
25日 日曜日
12:00〜12:30
12:00~12:15 船舶 Oa 東京湾内における事故発生情報の共有化について 漆谷伸介(運輸安全委員会)、菊地 俊紀(日本大学)
12:15~12:30 船舶 Oa シーマンシップの歴史と意義 柳敏晴(神戸常盤大学)
   
   
ポスターセッション
25日 日曜日
13:15〜13:30
海洋リテ Pa 海洋リテラシー評価尺度の妥当性についての再検討 蓬郷尚代(東京海洋大学博士研究員)、千足耕一(東京海洋大学学術研究院)、松本秀夫(東海大学)
教育・
ヨット
Pa 長期的なヨット活動を行っている児童の自己調整学習とメタ認知能力 -ヨット活動と学習活動との関係- 布野泰志(鹿屋体育大学大学院)、幾留沙智・榮樂洋光・中村夏実・中本浩揮・森司朗(鹿屋体育大学)